特別支援教育に役立つ読書

知的障害のある児童生徒に毎日向き合うために役立った本たちです。教えをいただいた著作者の先生方に感謝を込めて。

ロヴァス法による行動分析治療 自閉症児の教育マニュアル

 「自閉症は障害であって治らない」とよく言われるのですが、この本は「治療」となっています。自閉症を乳幼児の段階で疑ったり診断した場合、できるだけ早く療育プログラムを開始すると、改善がみられることが知られています。それを段階的に広く網羅したのがこの本です。ABA(応用行動分析)に基づいて自閉的な傾向を生かしながら、徐々に自分と外の世界をつないでいく指導が示されています。内容の断片を見れば、ほかのABAの本と同じようだと思うかもしれませんが、早期療育のパッケージとして、「治療」として段階的な子育てを提示してあるところがすごいのです。この本からもわかる通り、自閉症教育の重要な時期は6歳までで、小学校に入学してからでは、少し効果が薄らいでしまうようです。あー、だから、乳幼児教室や幼稚園や保育園の時期の特別支援教育をどうにかできないか、と思うのです。

 翻訳の中野先生は行動分析学の大御所でいらっしゃいました。学会でお会いした時に、何も知らない私は、ロヴァス法を知りたいけれど、日本語訳がないと難しいと、質問したことがあります。もうすぐ私が翻訳を出版しますからとおっしゃっていました。出版されたら、厚くて1万円を超えるすごい本で、やっぱり!と思いました。しかし、今から思えば、これはロヴァス法のエッセンスの一部ではないかと思います。自閉症だけでなく、乳幼児期の公教育の充実で、解決できる社会問題は、他にも虐待、愛着障害の予防などの家庭問題、貧困問題などあると思います。

900ページですが内容は実践本なので、難しくなく、興味のある部分からでも読むことができるので、おすすめです。

自閉症児の教育マニュアル

自閉症児の教育マニュアル

 

 

左利きの子がのびのび学習できる環境整備を

 

左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために

左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために

 

右利きが圧倒的に多い中、左利きの方々が日常的に感じる不便さを理解することは難しいことです。まして、子どもにとっては。紐の結び方、文字の書き方、ハサミ、包丁と様々な不都合さを少しでも快適にしていく方法について、写真付きで解説してあります。左手で右利き用のはさみを器用に使う生徒がよくいます。左利き用のはさみを右手で使ってみると、まったく切れませんから、その器用さって・・・。私たちの世代は、矯正され、両手が使える同級生が何人かいましたが、今から思えば、利き手が定まらないというのは、正中線交差にかかわる気を付けなければならない要素です。今は左利きを容認される良い時代だからこそ、支援を忘れてはいけないと思います。 

人を助けるということはどういうことか

 

 この本を開くたびに、自分の至らなさを思い知り、支援の名のもとに傲慢になる自分を情けなく思います。「支援する側は支援される側より上の立場になる」これ、である。支援者とクライエントの関係をいい状態で保つこと、チームでうまくやること、特別支援学校教員として必要なことばかりです。

障害のある子どもの数の基礎学習

 

  数がわかるまでには、NCプログラムによると、2歳以降の簡単な分類ができて多い方がどっちかわかり、3歳以降の1対1対応ができてから、3までの数の概念が始まるとなっています。数って、抽象は抽象概念の始まりで・・・。 抽象っていうのは、一つの事柄がいくつものとらえができることで。数には大きく分けて、数唱の部分、順番を示す部分、数量を示す部分、アラビア文字が示す部分があります。考えてみるととても複雑でやはり4歳が近くならないと、数の便利さを丸ごと理解するのは難しい気はします。タイルを中心に、これまた、スモールステップで小学校2年生程度の繰り上がり、繰り下がりの計算まで網羅されています。この本も丁寧な図解付きで、教える側にとってもスモールステップの学習になると思います。素晴らしい!

 もし、早期教育をさせたいと思うなら、それにも役立つと思います。

 

文字を書く基礎学習、文字を書くためには

 

  NCプログラムの2歳くらいからの指導について、丁寧に段階的に書かれています。文字を書くためには、空間をとらえること、両手、目と手の協応動作、弁別、大小理解、記憶の保持、「同じ」の理解があって、そのうえで成り立つ指導であることがよくわかる内容です。宮城先生の素晴らしいところは指導の補助のやり方についても触れられていることです。「間違えさせない」ということが貫かれています。

 ところで、鉛筆の持ち方ですが、正しい持ち方をしないと操作性がよくならないことは、小学校教員の方々にとっては基本だと思います。特別支援学校の教員も同じだと思います。ペンが正しく持てない教員を見ると、残念に思います。教員の行動は彼らにとって、一番の見本であると思います。

考える力を育てる基礎学習・重度知的障害の小学部には、ぜひ

 

  NCプログラムの1歳から2歳程度、視覚操作、視覚記名の学習をするのに役立ちます。「型はめ」をスモールステップで学習することから始まります。よく、スモールステップ、エラーレスといいますが、どこまで細かくするかって、こういうことだったんだと、感服しました。(あー、こうやって指導してあげればよかったんだー、申し訳なかった・・と)着席して学習することを身に着けさせる指導にもつながります。楽しい個別学習の時間に役立つ本です。

 ほかに、衣服の着脱も丁寧な難易度別の指導方法が掲載されています。5章の「どちらの箱に入っているか」は、実際に著者の宮城武久先生がなさる指導方法を拝見しました。子どもにミスする隙を与えません。もともとミスしにくい設定の上に、ミスしそうになったら瞬時に入れ物を片づけたり誘導したりと、その早業に圧倒されました。さらに、宮城先生は視覚障害者でいらっしゃり、子どもの動きを感じ取って指導なさるようで・・・驚嘆しました。図解の説明が丁寧で、とても分かりやすいのも魅力です。

自閉症の方の自伝・高機能自閉症の成功者テンプル・グランディン氏

 

  自伝で有名なのはテンプル・グランディン氏とドナ・ウイリアムズ氏の「自閉症だった私へ」ですが、私はこちらのグランディン氏方が読みやすかったです。知能が非常に高く、視覚優位で、感覚過敏で、教育と努力で社会適応を果たした成功物語です。牛の施設の設計で有名な方です。この年代で、様々な苦難がありそれを乗り越えてきた歩みは、ドラマになり、TEDでもお話なさっています。翻訳もよく、視覚優位なので、文章から映像が明確にわかります。教育の重要性を力説なさり、才能開発の本の著作もあります。

 ドナ・ウイリアムズ氏は、聴覚優位で、うつ傾向があることからか、私にとっては読みにくく、最後まで読むことができませんでした。ウイリアムズ氏はNHKのドキュメンタリーでブランコに乗って気持ちを整えるような日常生活の紹介があったり、日本特殊教育学会でパートナーの方と一緒に来日して、お話なさったりしました。エレベーターで一緒になりましたが感覚過敏のためか、一目で配慮が必要な印象を持つような感じでした。

 当事者の方がどのようにこの世界をとらえているか、社会のどこに困難を感じるか、読んでおくことは有益でした。